キューティーさきっちょん

さきっちょんは2006年3月31日生まれの女の子です。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実はインフルエンザにかかっていた。
私がである。
A型だった。
今はA型=新型と診断されるらしい。
インフルエンザは生まれて初めて。

37℃台の微熱だったため、まさかのインフルエンザだった。
38℃以上の高熱と言われているが、37℃台の微熱でも熱が一晩で下がらなかったら、検査を受けた方がいい。
私はタミフルが間に合わなかったから長引いてしまった。
18日に咳が出始めて22日に発熱、24日に陽性とわかり31日に完治。

急性副鼻腔炎にもなったためそっちはまだ鼻水の量が減ってきたものの、もう一息。
そのせいなのか、インフルエンザの特徴なのか、頭痛が酷かった。
マスクをずっとしていたのでそのゴムが耳にかかっていることでの片頭痛も加わり、何の薬も効かず頭痛が始まるたびに吐き気までもよおしていた。

その間、会社から自宅待機を命じられた旦那さんがずっと看病してくれた。
ありがとう、とても感謝しています。

私も枕を並べて寝ている子ども達にうつさないように頑張った。
これだけは自画自賛である。
手洗い、消毒、使ったタオルをマメに洗うこと、歯磨き粉を歯ブラシに直接つけないこと、共有のコップは使わないこと。
手洗いは指先を中心に。

入院以外で1週間以上も寝込んだのは初めて。
やはり健康が一番だ。

うつってもいないし症状も出ていないのに、私が幼稚園に馬鹿正直に申し出てしまったため、さきっちょんは24日からの夏期保育を木曜まで欠席させられてしまった。
ちょっとヒドイんじゃない?と思ったけど。
金曜の夕涼み会は出られたから、まぁいいか。

スポンサーサイト

さきっちょんはどうやら内分泌系の病気らしい。

昨日11:00~18:00まで病院にいた。
待ち時間が合計6時間くらいだけど…。

最悪なことばかりを考えて自分の体がおかしくなりそうだったが、最悪な事態にはならずに済んだ。
でもまだデータが少ないため近々検査入院。
行った病院がこの前喘息で入院した病院だったから、別の病院にするか検討するつもり。
あまり時間はないのだが。

別の病院というのも…もともとその病院で誤診されたため3歳半になる今まで放置されてしまうことになったのだけど。
科が違うので大丈夫だと思っている。

20090530231227
さきっちょんは昨日やっと退院しました。
やっぱり家族一緒が一番。

家に帰る日、エレベーターの前でさきっちょんはピョンピョン跳び跳ねて「やった、やった~!」と喜んでました。
私も連れて帰れてとても幸せです。

さきっちょんが入院してしまった。
何度吸入しても治まらず日曜の明け方に急患で連れていったらそのまま入院に。

帰り際、帰りたがって泣いている我が子を寝かしつけて病院に置いて帰ってくるのが辛い。
次の朝、看護師さんから寂しくて泣いてたと聞くのも…。
私も寂しくて寂しくて帰り道泣いていた。

早く帰ってきてー!

さきっちょんは幼稚園に慣れてきた。
神社の中にある幼稚園なのだが、最近は参道で「一人で行ける」と言われてしまう。
寂しいからせめて門の前まで送らせてね。

さきっちょん今度はクループ症候群だって。
これはなかなか厄介な病気だ。
今日は幼稚園の前と後で3回も病院にいった。
そして何度吸入しただろう・・・。
喘息とクループが同時だったのでかなり苦しそうだった。
今は強い薬を吸入したので何とか寝てくれてるが・・・今度起きたら急患で病院に行かねば。

今日のような日によく思うのだが、通常業務をやってくれる人が欲しい。
仕事をしているときは異例事項が起こるとよくあいぽんやよっちゃんが駆けつけてくれて通常業務をやってくれた。
ありがとう。
異例事項が起こっても通常業務は大事である。

主婦の通常業務はたとえば洗濯とか、片付けとか、授乳とか・・・。

まだ夜は長いが、ハードな一日だった。

テーマ:◎2006年3月生まれ◎ - ジャンル:育児
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。